高く売れるのはココ! 本当におすすめな骨董品の買取業者比較 決定版

高く売れるのはココ! 本当におすすめな骨董品の買取業者比較 決定版
おすすめ!骨董品の買取業者比較 » 【西洋美術】買取査定の事例

【西洋美術】買取査定の事例

骨董品や美術品を見てみると、日本や中国のものはどちらかというと落ち着いた作品のものが多いですが、それとは違って華やかな作品が多いのがヨーロッパの特徴といえます。

西洋美術について

アジアとは全く違った文化の中で愛でられ生まれてきた美術品は、見る人を楽しませ飽きさせない雰囲気を持っています。色合いや素材から見ても、アジアと比較すると洗練されていて、今の時代にあっても違和感のないものが多いですね。

しかしこのように現代にも続く作品であるがゆえに、これらの美術品が生活の一部として今も使われていたり、部屋の片隅に飾り物としておかれていることも多く、人々の生活と密着しているものでもあります。

ヨーロッパでは、骨董品市場が非常に盛んでオークションなども活発に行われていて、蚤の市で購入したものが大変なお宝だった!という逸話も多数残るほどです。

西洋の骨董品は、偽物が多く出回っているということも良く知られています。身近な存在であるがゆえに模造や模倣も行われているので確かな審美眼が必要とされます。

しかし、本物かどうかの見分けは素人にはなかなかできません。贋物士と言われる人たちが暗躍するほど偽物市場は活発です。購入の際には本物であることを確信できる材料をできるだけ集めることも必要ですね。

高値買取のポイント

西洋の骨董品を高く買い取ってもらうポイントは、「時代」「作者」「保存状態」の3つが大きく上げられます。

特に、西洋美術の歴史は古く、また大きく変遷してきました。それぞれの時代に著名な作家が生まれ、様々な作品を残しています

ただ、西洋は歴史の中で戦争や領土の侵略が近年まで続いていた地域です。そこで戦火によって破損したり意図的に破壊されたものもあるといいます。ですから、そのような激動の時代を乗り越えて現代も保存状態の良い作品は高い値がつくのです。

華やかで繊細な美しさを持つ西洋美術品は世界的にも人気のある市場です。それを利用した偽物市場が大変盛んであることも忘れてはいけません。

西洋美術は、時代と共に大きく変化していきました。それぞれに時代に特徴的な作風は、当時の時代背景を象徴すると同時に人々の生活をうかがい知ることができます

ロマネスク時代やバロック時代を経てルネサンス時代、ロココ時代とさまざまな時代の中で数多くの作家が活躍していました。こういった時代を彷彿させる絵画の高値買取のポイントは、当然ながら作家が誰であるかということにあります。もちろん保存状態の良いものでなければ買取ができないこともあります。

西洋美術の中でも人気のある陶磁器は、特にマイセンなどに見られる東洋の流れを汲んだ清楚な作品現代にも通じる著名なメーカーや作家の作品です。希少性の高いイヤープレートなども人気です。

そして西洋美術といえば、人形などのアンティーク。フランス人形をはじめ、最近人気の高いテディ・ベアなどもあります。

西洋のアンティークは生活に根差したものが多く、身近な存在です。毎日の生活に価値のある物を取り入れるという西洋の人々の豊かな心が伝わってくるようです。これらのアンティークでは、作家というよりもメーカーや作られた年代が重要視されるようです。

西洋美術では、このように見て楽しむ、触れて楽しむことも念頭に置いた作品作りが盛んに行われてきたといえます。陶磁器やアンティークは、今もファンが多くその名が今なお継承されて製造されているものも少なくありません。歴史を大切にするヨーロッパならではの市場でもあるといえますね。