高く売れるのはココ! 本当におすすめな骨董品の買取業者比較 決定版

高く売れるのはココ! 本当におすすめな骨董品の買取業者比較 決定版

陶磁器

中国の陶器の歴史は大変古く、新石器時代から始まり時代と共に進歩してきました。

中国の陶器とは

その後時代の流れにのってますます高い技術が生まれ、山彩や白磁、青磁、青花、五彩といった美しい陶器が作りだされるようになり世界的にも注目を浴びる存在となりました。中国は白い焼き物である磁器を世界に先駆けて作り出すなど全世界にその影響を与えたといえます。

これらは世界各国に輸出され、高貴な人々のコレクションとしても珍重されてきたとされています。古い陶器は現在中国国外への持ち出しを禁止されていますが、その規制が始まる前に流出したものが日本などでも高値で売買されています。

中国の陶器の買取事例とその知識

陶器 1.8万円

・名称:陶器壺

・年:?

・作家:?

・特徴:漆黒で両方に持ち手がついた絶妙なフォルムの壺です。四角な形状を貫きながらどこか柔らかさのあり花器としても使うことができます。作者、昨年は不明ですが時代のある物で保存状態もよいためこの価格となりました。

花器 1万円

・名称:花器

・年:大明萬暦年製

・作家:?

・特徴:白磁の上に青や赤などの色彩をふんだんに使って手の込んだ繊細な文様が描かれている花器です。末広がりの形と細い口で特徴的な形をしています。時代は、古く明の時代ごろのものですが、口の部分にかけがあるなど状態がいまひとつよくなかったため買取価格が低くなりました。

高価買取のポイント

中国の持ち出し規制前の国外へ出たものについては、高値がつくことがあります。その理由の一つに、規制後は特に外国人向けの贋物が中国国内で横行しているからといえます。

陶器で最も高値がつくのは作家名がはっきりしているケースです。特に著名な作家であれば高く買取されます。また装飾や彩色の美しいものや箱が残っているもの、保存状態のよいこともプラスの評価となります。人気の高い青磁や白磁は本物であれば高値がつきますが偽物も多いため注意が必要です。

見分け方

中国国内で購入した場合は、信頼できる店であるかは大変重要です。中には直し物とよばれ、欠けたところを巧妙に修正したものがあります。水で濡らしたり針などでつつくとへこむ、手の跡があるものは直しの形跡がある可能性大です。

また、新しく作った物を古く見せるための加工をしているものがあります。また贋作を生業としている人の中には大変上手な人がいるため本物と見紛うものもあります。したがって本物との見分けはとても難しいものが多いといえます。

価値の根拠

中国の陶器は大変歴史が長く、またその芸術的な美しさから世界中でファンの多い商品です。安定と戦乱が繰り返された歴史の中で破損することなく残っている陶器は大変貴重であり、大変高い値がつくといわれています。

現在中国国外へ持ち出しができないことから、30~40年以上前に中国へ旅行に行った人や骨董を集めていた人が現地で購入し日本で保管していたものなどに注目が集まっています。