高く売れるのはココ! 本当におすすめな骨董品の買取業者比較 決定版

高く売れるのはココ! 本当におすすめな骨董品の買取業者比較 決定版

その他の骨董品

中国の骨董品は大変幅広い種類があります。

中国のその他の骨董品とは

一般的に知られている商品以外にも花台、硯屏、青銅、彫刻といったものもあり、高値で売買されています。中国では、その繊細な細工だけでなく使われている材料にも特徴があり、貴重なものが多く含まれています。

例えば翡翠製品は人気も高く、幅広いコレクターに高く評価されています。硯屏のような書に関する骨董もたくさんあり、どれをとってもその美しさや荘厳な佇まいに魅了されるのを禁じえません。歴史的な背景からも中国骨董ファンにとっては珍重される逸品揃いといえるでしょう。

中国のその他の骨董品の買取事例とその知識

骨董 200万円~

・名称:象牙彫刻置物

・年:?

・作家:?

・特徴:作者名や昨年は不明ですが、象牙を素材としてたおやかな美しい女性の像を彫刻した置物です。天女か観音様のような姿に神々しさを感じます。象牙は大変貴重なものとなっている今、中国で制作された骨董の象牙の置物は大変高値で売買されています。

置物 60万円~

・名称:翡翠 白菜

・年:?

・作家:?

・特徴:中国の骨董の中でも特に人気が高く珍重されているのが翡翠製品です。この作品は柔らかな葉を持つ白菜の姿を、職人が熟練の技で翡翠から削りだしたものです。翡翠のもつ透明感のある乳青色と本物のような流動感を持つ白菜の葉が絶妙な造形を作りだしています。

青銅 1万円~

・名称:青銅鏡 鳥

・年:?

・作家:?

・特徴:青銅で作られた大判の鏡です。昔の鏡は現代のものとは異なり青銅などを磨いて作られていました。この青銅鏡には鳥の文様が彫られていて、大変美しい精密な装飾が施されています。長年倉庫にしまわれていたため汚れなどがありましたが、比較的状態のよいものでした。

高価買取のポイント

中国骨董品の花台や硯屏、青銅、彫刻などは年代もさることながら、その丁寧で繊細な細工の美しさや細かさに高い評価が集まっています。また使われている材質は何かによっても査定が異なり、例えば翡翠など希少な材料を使ったものは高価となります。また白磁など中国独自の技法を使ったものや保存状態の良いものは比較的高い値がつきます。

見分け方

中国の骨董品は偽物が非常に多く出回っており、古いものに見せかける技術も卓越しています。プロも騙されるほどの巧妙なものもあるので安易に購入しない方がいいでしょう。

中国国内で購入する場合、交渉すると安価になっていくものもありますが、これらのものはたいていが偽物です。購入は、信頼できる業者や店を利用するのが賢明です。また日本国内で流通している中国骨董も、見極めは大変難しいといえます。鑑定書がついているか、信頼できる鑑定士や店であるかがポイントといえるでしょう。

価値の根拠

中国の骨董品の醍醐味は、歴史の古さと装飾や細工の美しさにあります。広い領土の中で身分の違いも大きい中国では、高い身分の者は芸術的にも大変価値のある品を保有していたことがわかっています。そういった一品が現代まで残っていれば大変な高値がつくことが予想されます。

時間と手間をかけて作られた中国の骨董品は世界でも需要が高いといわれます。しかしその裏で偽物が横行しているのも事実であり、バイヤー泣かせの骨董でもあるといえるでしょう。帰省以前に海外流出したものに注目が集まっており、日本国内でも隠れた名品を探す動きが高まっているといえます。