高く売れるのはココ! 本当におすすめな骨董品の買取業者比較 決定版

高く売れるのはココ! 本当におすすめな骨董品の買取業者比較 決定版
おすすめ!骨董品の買取業者比較 » 【中国美術】買取査定の事例

【中国美術】買取査定の事例

このカテゴリーでは、中国に伝わる中国美術の買取査定の実例を基に具体的な情報を解説していきます。

中国美術について

中国美術は、世界的にも評価が高くその独特な作風や感性から非常に高い値がつく作品が数多く存在します。歴史が古く芸術性の高い作品の数々は、日本にもファンが多く存在するほどです。

しかしその裏で贋作が多く、本物と偽物の価格差が非常に大きいことでも知られています。中国国内では贋作や模倣が販売されている店がたくさんあり、特に観光地などでは日本人をはじめとする骨董愛好家だけでなく、一般観光客をターゲットにこのような贋作や模倣作品が販売されています。

中国の持つ歴史に畏敬の念を持つ人たちが多く、よくわからないままに購入してしまう人も後を絶たないようです。

また、中国では国家文物局の取り決めで骨董品の海外持ち出しの制限が行われており、1911年以前の文物(骨董品)の海外持ち出しは禁止されています。また、1949年以前の作家作品や1966年以前の少数民族の文化財産なども持ち出し禁止となりました。

このような制限が設けられたため、中国美術品の売買は大変難しくなったのが現状です。現在日本国内にある物については問題ありませんが、オークションなどを使って中国から購入したものであってもこの制度が適用されますので注意が必要です。

現在、中国は作品の買い戻しを進めているといいます。一度中国国内に戻ってしまうと海外に流出することはほとんどなくなるでしょう。そのため高騰することも予想されます。

文化や歴史の違いもあるため、本物を見極めるにはしっかりとした眼が必要になります。

そのためには、まず中国美術の種類をはじめとして、その特徴や年代、作家などの基本的な情報を知っておくことが大切です。このような基本情報をしっかり持ったうえで、高く買取してもらうためのポイントや贋作と本物の見極め方、値打ちの根拠などを見に着けておくといいでしょう。

中国美術のジャンルと高値買取のポイント

中国美術で人気のものには、書画や絵画、古文書、書道具などがあります。

書画や絵画は非常に歴史が古く、書を基盤として発達した中国美術をけん引してきたジャンルといえるでしょう。

これらは保存が難しく、特に中国のように長い歴史のある国で状態の良いものを見つけるのは困難を極めます。しかし、現存する中国の書画や絵画を見ると、その素晴らしい技術と独特の作風は大変力強く、世界中で探し求められている逸品といえます。

したがって、作家名や時代がはっきりしていて保存状態のよいものは大変高値がつくでしょう。

また同様に中国の古文書は、文明の進歩や変遷を知る上で歴史的にも貴重な資料であり、大きな価値のある物です。

書や絵画、そして古文書に共通していることとして、その書いてある内容にも高値買取のポイントがあるということを知っておくといいですね。

中国美術の中でも大変人気の高い骨董品には書道具があります。書の文化を大切にしてきた中国でそれらは必需品であり、生活の中に大きなウエイトを占めていたものです。

書道具の一つ一つを見ても、丁寧な装飾が施され大切に扱われていたことがうかがえます。書道具は古いだけでなく、装飾の美しさや使われている素材によっても高値買取のチャンスがあります。

つまり中国美術を高値買取してもらうためには、書画や絵画・古文書は「作家」と「内容」「保存状態」、そして書道具は「時代」「装飾」「素材」にあるといえます。

お隣の国中国ではありますが、その文化は日本とは大きく異なり大陸の文化を根底としています。日本とは異なる文化の発達を遂げてきた中国の美術品は、やはり日本美術とは一線を画しています。伝統的な技術を用いた中国家具や陶磁器などの人気は年代を問いません

奥の深い中国美術の魅力をとことん公開していきますのでぜひ参考にしてください。